購入するならどっち?マンションと戸建てを比較!

契約する際に気をつけるポイント

物件購入の流れ

どちらの物件を購入するにしても、流れを知らなければ意味がありません。まず購入の第一歩は今回説明したような情報収集を行う事です。
自分の条件や希望価格、設備といった様々な視点から情報を集めます。目星をつけた物件があれば、企業へ連絡して物件見学の申し込みを行います。モデルルームやハウスメーカーとの打ち合わせや相談を重ねて、問題がなければ契約になります。戸建ての場合はそこから施行着手、完成まで待つばかりです。
マンションの場合は売買契約を行い、問題がなければローン契約を行います。その後マンションの内覧チェックを行い引き渡しで取引は完了です。仮に不明点があれば、すぐに担当者へ確認しましょう。アナタの住宅なので、誰にも遠慮する事はありません。

細部にまで目を通す事が重要です

企業との契約ややりとりは緊張しますし、回数をこなす事は稀なので本当に良い企業なのか判断するのが難しい場合もあります。また物件購入や取引は、価格帯や物件の状態はもちろんですが、企業の質で決まります。
その見極め方ですが、まず担当者へ質問や相談をした時に親身になってくれるかです。レスポンスまでの時間や仮に断られた場合に、何らかの提案をしてくれるかといった部分をチェックすると良いですね。
また購入するにあたってしっかりと説明をしているかも重要なポイントです。本来であれば顧客に説明しなければならない不備などを隠してしまう企業もいますので、気をつけて頂ければと思います。細部にまで目を通し、本当に納得できる企業と契約をすればアナタに合った住宅購入が出来るかもしれません。


この記事をシェアする